Tech Bytes

短くて分かりやすい技術情報を記事として共有します。みなさんにとって学びになれば幸いです。

Linuxのbcコマンドを使い、echoを使った足し算を実行

echoを使った足し算コマンドはどう書くか

echo '1+1' | bc

bcは、Linuxで利用できるコマンドライン計算機です。
bcを使用すると、算術演算子(加算、減算、乗算、除算など)を使用して数値を計算できます。
ただあまり使うことはないので知らない人が多いですよね。

そもそもbcコマンドとは

bc(ベーシック・コンピューター・アルゴリズム)は、UnixおよびUnix系オペレーティングシステムで使用されるコマンドラインの電卓プログラムです。
bcは、任意精度の整数計算および浮動小数点数計算をサポートしており、算術演算、関数、条件式などを扱うことができます。

bcコマンドを使用すると、コマンドラインから数式を入力し、計算結果を出力することができます。
以下は、bcコマンドの基本的な使用例です。

echo "2 + 2" | bc

これは、2 + 2の結果である4を出力します。

bcは、インタラクティブモードでも使用できます。
以下は、bcをインタラクティブモードで起動して使用する方法の例です。

bc

このコマンドを実行すると、bcのプロンプトが表示されます。
そこで、数式を入力し、Enterキーを押すと結果が表示されます。

bcは非常に柔軟で、ユーザーが自在に数式や関数を組み合わせて使用することができます。

bcを使った加算、減算、乗算、除算

以下は、bcを使用して加算、減算、乗算、除算を行う方法です。

1. 加算:

echo "10 + 5" | bc

これは、10に5を加えて15を出力します。

2. 減算:

echo "10 - 5" | bc

これは、10から5を引いて5を出力します。

3. 乗算:

echo "10 * 5" | bc

これは、10を5倍して50を出力します。

4. 除算:

echo "10 / 5" | bc

これは、10を5で割って2を出力します。

bcでは、整数演算と浮動小数点数演算の両方がサポートされています。
整数演算の場合は、bc -lコマンドを使用して、浮動小数点数演算の場合はbcコマンドを使用します。